【エピレ脱毛ガイド編集部】

エステで簡単に脱毛する方法
脱毛コースはエステでも高い人気があります。家電コーナーやネット通販で、簡単に脱毛グッズが購入できるようにはなりましたが、やはりエステや病院での脱毛施術が信頼性の高い方法です。 エステでの脱毛の方がいいのは、どうしてでしょう。カミソリや毛抜きを使って処理をしたり、家庭用の除毛剤を用いるなど、家でできる脱毛方法は様々なものがあります。
エステでは、処理したい部分のムダ毛を1本ずつ処理するという方法が多いようです。家庭でも行われますが、エステでは1本ずつがむしろ普通です。
毛根に作用する光を使ってエステでは脱毛処理をしますが、家庭では毛抜きで抜く方法が用いられています。家庭用の毛抜きを使った脱毛は、肌にどんな変化を生じさせるでしょう。
毛抜きで1本ずつ毛を抜いたとき、出血やにきびのような炎症を起こしやすくなり、肌トラブルの原因になります。毛抜きを使った場合、埋没毛の問題があります。
次に生えたきた毛が皮膚の下に入り込んでしまうことで、皮膚への負担も大きくなってしまいます。もしも埋没毛ができてしまうと、エステや美容クリニックで行われるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では対応できないケースもあります。
エステの脱毛は、毛根に対する処置によってムダ毛を抜きます。もしも毛抜きで毛根を抜いてしまっている場合、エステではその部位に対して脱毛を行うことはできないという注意点もあります。

エステの脱毛方法と自宅での自己処理について
エステに行かず自宅で脱毛する方法として、1本1本抜くことの他にカミソリで剃るという脱毛方法を多くの人が行っているようです。自分でカミソリで剃るという方法は、皮膚へのダメージが大きいといいます。
カミソリでのムダ毛ケアは、基本的にエステで行われることはありません。カミソリの刃に肌が負けてしまい、肌の腫れや化膿が起きる場合があるためです。
皮膚は平らではありませんので、刃の滑りをよくする道具を使ったとしても、剃りづらい部分は存在します。ついついカミソリに力を入れて刃を肌に強く当ててしまったりします。何度もカミソリを上下させて脱毛すると、肌の表面を傷つけてしまうことになります。カミソリで剃って脱毛することにより、毛の生える範囲や毛の太さが変わってくる事もあります。
毛の生える範囲が広くなる、つまりは毛の生える量が多くなると逆効果になりかねません。脱毛したい箇所が広いほど、エステの脱毛施術に要する時間は長くなり、大がかりな脱毛をすることになってしまいます。
脱毛に必要な費用も、範囲が広く時間がかかるほど高価な施術になることはやむをえません。カミソリで剃った場合、毛抜きで抜いた時のように埋没毛もできやすくなります。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛でも、埋没毛に関してはエステなどでは対応できないという場合があります。

実際に行われる脱毛方法の種類
エステでは、どういった方法で脱毛をしているのでしょうか。
どういった方法で脱毛をしているかは各エステによって異なりますが、針脱毛や光脱毛、プラズマ脱毛などがあります。細い針をムダ毛の根本に刺し、微弱な電流や高周波を流すことで毛根を刺激し、毛の再生力を失わせるという脱毛が針脱毛と呼ばれるエステの脱毛方法です。
ニードル脱毛は痛みを伴う脱毛方法です。エステサロンは医療機関ではないので麻酔を使っての施術はできないのがネックになっています。特殊な光を肌に照射することで行う脱毛は広くエステで行われています。
専用の器機を用いて作った特殊な光を肌にあてることで脱毛を行います。原理的には医療レーザーによる脱毛方法と同じく、光のエネルギーを利用して毛根を消滅させる脱毛方法になります。
プラズマ脱毛は最近注目されている脱毛方法であり、施術可能なエステも数多くあります。従来の医療用レーザー光線より波長の長いキセノンフラッシュ光線と、特殊偏光フィルムによって毛根を消滅させて脱毛処理を行うのがプラズマ脱毛の方法です。
エステの脱毛施術には、色々なものがあります。どの方法がもっとも自分のニーズにあっているかをよく検討してください。事前のカウンセリングで、脱毛範囲や仕上がりに関する希望を確認するエステが多いので、知りたいことがあるならその時に聞いてみましょう。
どのような施術を受けることになるか知りたい場合などは、お試し脱毛コースがあるエステもありますので、使ってみると参考になります。